バスケットボールは、身長が高い方が有利となるスポーツです。 これは紛れもない事実で、高ければ高いほど有利になります。 例えば、身長が低いチームと身長が高いチームが試合をしたとします。 身長が低い人がシュートを行いも身長が高い人はそれを止めることができますが、身長が高い人のシュートを身長が低い人が止めるのは難しいです。 また、身長が高ければ、高いパス回しをするのみで、相手にボールを取られることがありません。 それに、リバウンド時でも背が高い方が有利です。 バスケットボールは身長が高い方が有利に作られているスポーツなので、身長が低い人はそれを理解した上でプレイをして下さいね。 では、身長が低いと身長のが高い相手に勝つのは絶対に無理なのかといえね、必ずしも身長が全てではないものです。 身長差があったとしても、スピード(急がね回れということわざにある通り、一見、早いように思えて実はそうでもないこともあります)や技術、スタミナなどを鍛えることによって、対抗することができます。 バスケットボールは個人競技ではなく団体競技ですので、他のメンバーと力を合わせれば、身長が高いチームを倒すことだって可能になったのですー